第一印象はヘアスタイルが決め手?髪型で印象はどう変わる?長さによる印象の違いをまとめました!

こんにちは!千代田区神保町のメンズサロン 37.0℃ の鈴木です。

メンズ サロンならではの情報をブログでまとめています。

少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

ヘアスタイルはショートからロングまで様々あって、イメージがかなり変わりますよね。

イメージチェンジしたい!となったら、まず髪型を変えようと思う方も多いのではないでしょうか?

第一印象は3秒で決まると言われていて

視覚情報(見た目)・聴覚情報(声質)・言語情報(話す内容)

の三つの要素が人の印象に影響を与えます。

それらの要素が、どれくらい印象に影響を与えるかというと

視覚情報が55%・聴覚情報が38%・言語情報が7% と言われています。

そっけない感じでありがとうと言った場合など情報が矛盾した時に、視覚情報が優先され相手にうまく感謝の気持ちが上手く伝わらないなどですね。

自分の意思や意図をストレートに伝えるためにも、見た目を合わせることがいかに大事かわかります。

ヘアスタイルは見た目にかなり影響を及ぼします。

「相手に自分をどう印象づけたいか」にとても重要な要素になってくる・・・

そこで今回はヘアスタイルが与える印象についてまとめました!

レングス(長さ)が与える印象

ショート 

ショートは顔全体がスッキリ見えて、表情もわかりやすく

活発さ 清潔感 男らしさ といった印象を与えてくれます。

スーツスタイルにもよく似合うのでビジネスマンに人気のスタイルですね。

https://www.beauty-box.jp/

爽やかさと男らしさを同時に得たいならベリーショートがオススメ。

サイドからバックは短くグラデーションで刈り上げて、トップも合わせて短めにすることでシルエットからコンパクトに。

セットが時短になるメリットも◎

刈り上げる長さによって与える印象も変わるので、普段のファッション・ライフスタイルと照らし合わせていくことも大事です。

刈り上げの長さが与える印象ついてはこちら

スッキリ清潔感は出したいけど、短すぎるのは抵抗があるという方はショートツーブロックがオススメ。

抑えめに入れた刈り上げとアップバングでスッキリ感を出しつつも、ワイルドになりすぎないことが若々しさや真面目な印象をプラス。

ビジネスシーンでも◎

ミディアムショート 

ミディアムショートは輪郭や頭の形をカバーしやすく、

ナチュラル感 落ち着いた 柔らかいといった印象を与えてくれます。

スタイリングバリエーションも多いのでビジネス・カジュアルどちらのシーンでも対応しやすいレングスです。

https://www.beauty-box.jp/

長さを残しつつも、野暮ったさは解消したいならナチュラルショートツーブロックがピッタリ。

ツーブロックで刈り上げを取り入れることで顔まわりがスッキリして

眉にかかるか、かからないかくらいの長さに設定した前髪は、上げても下げても◎

柔らかさの残る万能ショートはメリハリが効いていて簡単に洒落感も演出できます。

定番スタイルとなったマッシュスタイルは丸みのあるフォルムが柔らかい雰囲気を強調。

レイヤーを入れて軽さと動きをプラスしてあげれば、気になる重さもしっかり解消できます。

パーマを緩めにかけて大人のスタイルに落とし込むのも◎

ミディアムロン

ミディアムロングはスタイリングの幅が大きく、中性的or男らしさ 落ち着いた 個性的 といった印象を与えてくれます。

中性的な印象になるか、男らしい野暮ったさが出るかはその人の雰囲気で変わります。

https://www.beauty-box.jp/

パーマ・カラーが与える印象

ストレートヘアは若々しい印象を与える傾向があり、パーマヘアは大人っぽさを演出してくれる場合が多いですが

カール感やボリュームを追加する箇所によって効果が大きく変わります。

ストレートでトップの髪の毛がペタンと寝てしまう場合などは

ポイントパーマなどでボリュームを出すと若々しい印象を与える事ができます。

毛髪一本一本に繊細なニュアンス感を出せるツイストパーマや 毛先に柔らかい印象をプラスしてくれるニュアンスパーマなどいろいろなパーマがありますので大きく印象を変えたい方にオススメです。

パーマの種類・効果については是非こちらの記事も読んで見てください。

髪色も印象を決める大きな要素です。

黒髪を少しトーンアップすることで硬い印象が和らいだり、逆に暗くすることで落ち着いた印象になったり。

また髪を明るくするトーンアップだけではなく、明るさをあまり変えないで色味だけを変えるコントラストカラーというのもあります。

こちらは自分の肌の色にあったカラーリングをすることで、肌が綺麗に明るく見えたり

立体感を出してくれたりといった効果が期待できるので、社会人の方であまり派手にできない・髪を明るくはしたくないけど印象を変えたい

という方にオススメです。

カラーリングについては是非こちらの記事も読んで見てください

スタイリング剤による印象の違い

ナチュラル ウェット 無造作 ガッチリ 使用するスタイリング剤でも大きく印象は変わります。

出したい質感があっても、どのスタイリング剤が適しているかわからない・・・という方に代表的なスタイリング剤の特徴を紹介します。

素髪に近いナチュラル系

サラサラな質感で素のナチュラルな印象を求める方にはアウトバストリートメント (洗い流さないトリートメント)

パサつきを抑えた自然なツヤとまとまりが爽やかな印象に◎

こんな要望にオススメ!

・とことん自然な印象にしたい ・適度な艶感が欲しい ・パサつきを抑えたい

決めすぎない自然な動きや質感イメージ

固めたりせずに自由に髪を動かしたい・必要な部分のみボリュームアップ/ダウンしたいなら

ソフトワックス・ヘアバームがオススメ。

ナチュラルさを残しつつ、動きを出して軽やかな印象が欲しければ

水分量の少ないペーストタイプのマットワックスがラフな無造作ヘアも

再現しやすく◎

こんな要望にオススメ!

・柔らかい印象にしたい ・気になる部分を補いつつも自然な感じは残したい ・無造作で決めすぎない印象にしたい

動きのあるアクティブなイメージ

しっかりとした髪の動きや束感を出してアクティブで抜け感のある印象を狙うなら

ハードワックス・グリースが◎

グリースはワックス感覚で使えることができるスタイリング剤ですが

ワックスに比べて油分量が多いので、ツヤ感がしっかりと出てくれます。

粘着力も高いので束感なども出しやすいスタイリング剤です。

こんな要望にオススメ!

・動きにある軽い印象にしたい ・ハードにセットして男らしさを出したい ・パサつきを抑えたい ・

ウェットでタイトなイメージ

かっちり決めたい、しっかりとキープしたいならジェル・グリース

スーツスタイルとの相性も抜群なのでビジネスシーンに◎

濡れたようなタイトな艶感が大人っぽさを演出してくれます。

毛量が多くてコンパクトにセットしたい方にもオススメです。

こんな要望にオススメ!

・きっちりとした印象にしたい  ・艶感で色気のある印象にしたい ・スタイリングをしっかりとキープしたい

まとめ

今回の記事は髪型の印象についてお伝えさせていただきました。

髪型・スタイリングで印象は大きく変わります。見た目が変わると

今までと違う新しい自分に出会えます。

イメージチェンジを考えている方、スタイリングバリエーションを増やしたい方

ぜひ一度ご相談ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次